« 冷凍冷房冷却レッドゾーン | Main | 2010雨竜沼湿原 »

July 11, 2010

拉麺ジェネラル

ここしばらく「夏期現場周り強化週間」ということで市内の住宅現場やら宅地やらなにやらと先輩方と車で廻る旅芸人のような日々。芸人と書いたが、芸はないので旅人だ。

今週は建物全体の集中冷房機器が故障のため全社あげての「大ガマン大会」である。
暑さ32度・湿度50パーセントのなかどこまでモクモクと仕事が出来るか、わたしの部署には窓が無く携帯電話も通じない建物の中心、トドメに天井が低い(笑)、「夏、暑く 冬、更に暑い」が売りの部署配置である、当然「冷え症」と言う病は根絶されていて寒気のする人や二日酔い方は半日座っていると自然と病が治る「奇跡の部署」だ。
「ハッキリ言って社内にいるより廊下に出た方が涼しく、素直に下の階に行ったり外に出た方がいい。」それを気が付かしてくれたS副部長は一時的に「神」として崇められたが電話が鳴った瞬間に「人柱」として尊い犠牲となった、ありがとうS副部長。

夏場は不動産というものは動かないものである、みんな夏休みの遊ぶ用事を考えるために引っ越しするのは分譲購入者か夜逃げや裁判所の強制執行くらいだ。
でも、デスクワークが主体のわたしはこの夏にガツッリと春に遅れたプロジェクトやらのスケジュールを取り戻し夏休みを取りたいのだが訳あって過去に販売した分譲住宅などを見ることとなった。

で、ここからローカル話題
北区の某所で分譲マンションのモデルルーム詰めした時期にお昼飯時通った「ラーメン大将」の看板を見て行ってみることとした。

ここは大学が近いため昔から大盛り系の店、とくに「肉チャー飯」の破壊力は抜群だった。でも今回は流石に誰も頼むものがいなかったがわたしが頼んだ「麻婆飯」もラーメンどんぶりに入って登場してきた。(笑) 食べてて途中で飽きてきたがここは昔を思い出し完食。
一緒に入った先輩達はボリュームの多い肉味噌ラーメンを涙をこらえながら食べていた。
その後の移動中は全員睡魔との戦いで「交代で誰かしゃべり続けていないと極めて危険な環境」との判断により「今後、札幌が4階以上の建物の建築許可が降りない場合、人口分布はどこまで広がるか」という前田建設ファンタジー営業部なみの空想論議が展開することとなった。

参照
前田建設ファンタジー営業部
http://www.maeda.co.jp/fantasy/

しばらくぶりの外回りは楽しいが本業が進まないのが難点だ。

|

« 冷凍冷房冷却レッドゾーン | Main | 2010雨竜沼湿原 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80626/48849726

Listed below are links to weblogs that reference 拉麺ジェネラル:

« 冷凍冷房冷却レッドゾーン | Main | 2010雨竜沼湿原 »